東北学院同窓会 東京支部イメージ

同窓会会則

東北学院同窓会東京支部(東京TG会)会則

(名称及び事務局)
第1条 本会は、東北学院同窓会東京支部(東京TG会)と称し、事務局を支部長が指定した役員の自宅または勤務先事務所内に置く。

(目的)
第2条 本会は、東北学院建学の精神にもとづき会員相互の親睦と融和を図り、母校東北学院の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条に規定する目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)会員名簿の整備
(2)総会並びに親睦会の開催
(3)その他本会の目的達成のために必要な事業

(会員)
第4条 本会は、次の会員をもって組織する。
(1)正会員 東北学院が設置した学校を卒業し、関東1都6県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県)に在住(在職)する者
(2)特別会員 会員の推薦により支部長の承認を得た者

(役員)
第5条 本会に次の役員を置く。
(1)支部長(会長)   1名
(2)副支部長(副会長) 1名
(3)幹事          若干名
(4)会計監事      1名
(5)事務局長      1名
(6)事務局員      若干名
2 前項のほかに、支部長の指名任命により必要に応じて顧問(名誉支部長・名誉会長)を置くことができる。

(職務)
第6条 支部長(会長)は、本会を代表し、会務を統括する。
2 副支部長(副会長)は、支部長(会長)を補佐し、支部長(会長)に事故あるとき又は支部長(会長)が欠けたときは、その職務を代理し、又はその職務を行う。
3 幹事は、本会の運営に参画し、会計・総務・企画に分担された会務を行う。
4 会計監事は、本会会計を監査し、総会において報告する。
5 事務局長は、本会の事務を統括する。
6 事務局員は、事務局長の命をうけ本会の事務を行う。

(選任)
第7条 支部長(会長)は、会員の中から総会において選任する。
2 副支部長(副会長)及び他の役員は、会員の中から支部長の指名任命により就任する。
 ただし、その指名任命により就任した副支部長及び他の役員の内、本会の名誉を著しく傷つけるなど役員として相応しく無い不適格行為が発覚した場合、会員は支部長宛に文書でその旨を申し出る。支部長は本文書を受領した場合、速やかに3役会議(支部長・副支部長・会計幹事)を招集審議し、場合によっては就任継続、場合によっては解任をする事が出来る。
 なお、支部長は本文書受領の事実ならびに3役会議の審議内容について総会にて報告する義務を負う。

(任期)
第8条 役員の任期は、4年とする。ただし、再任を妨げない。
2 役員は75歳定年とする。ただし、本会則第5条第2項により支部長の指名任命により就任する顧問(名誉支部長・名誉会長)は、その限りでない。

(会計)
第9条 本会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってあてる。

(会計年度)
第10条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

(会則の改廃)
第11条 本会則を改廃するときは、総会の承認を得なければならない。

附 則
本会則は、平成22年10月2日から施行する。

ページのトップに戻る▲