東北学院同窓会 東京支部イメージ

東京支部紹介

本東京支部は1908年(明治41年)に関東地区に居住する東北学院の卒業生の同窓会組織として設立された東北学院同総会組織でも最も歴史のある支部組織のひとつです。
現在、東京地区を中心に埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬 各地区計8,100名の同窓生の皆さんがいらっしゃいます。(出所 東北学院同窓会HP資料)
母校、仙台を離れ東京をはじめとした関東地区で活躍される同窓生の交流の場として様々な機会と場を設けております。
関東の中核として東京支部では、東北学院建学の精神にもとづき会員相互の親睦と研鑽を図り、母校の発展に寄与することを旨として活動しております。

支部長挨拶

会員の皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は東北学院同窓会東京支部の活動にご支援、ご協力を賜り、厚く感謝申し上げます。
東北学院同窓会東京支部は本部同窓会につぐ大きな組織となっております。
関東地域でご活躍の皆々様は、政界・財界・企業・文教・文化・スポーツ・芸能方面と多方面にわたっており、建学の精神「地の塩」をもってご活躍でございます。
このたび、永らくその任に当たられ勇退された紺野前会長の後任として微力ながら東京支部の強化・発展そして東北学院の益々の繁栄を祈念して活動してまいる所存です。
会員皆様におかれましては、倍旧にも増して本支部活動へのご協力をお願いしますと同時に併せて本支部を交流の場として人脈形成の一助としてご活用賜れば幸いです。
今後、支部同窓会を通じて活発な同窓会活動を行うと同時に、支部独自のメセナ活動を通じて「life・light・love」TGスピリットを発信して参りたいと考える所存です。
「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう」(新約聖書 マタイによる福音書 第5章第13節)
自分自身を生かすと同時に誰かを生かすことができたとき、「地の塩」となることができるということだと思います。
支部会員の皆様のご健勝を祈念してご挨拶とします。

東北学院同窓会東京支部
支部長 佐々 憲夫

役員紹介

東京支部役員体制(平成29年9月時点)

氏名 役職名 学校・学部名 卒業年度
佐々 憲夫 支部長 高校 (昭和41年)
村上 教行 副支部長 経済学部 (昭和49年)
宮川 忠康 副支部長 経済学部 (昭和56年)
宮川 淳子 女性部長 経済学部 (昭和56年)
鹿野 眞喜雄 支部幹事 高校 (昭和42年)
川島 篤 支部幹事 高校 (昭和44年)
大久保 裕寿 支部幹事 法学部 (昭和48年)
加藤 裕章 支部幹事 工学部 (昭和50年)
土井 敏彦 支部幹事 榴ヶ岡高校 (昭和50年)
三條 均 事務局長 法学部 (昭和57年)
矢内 弘一 事務局幹事 法学部 (昭和56年)
佐藤 いく美 事務局幹事 文学部 (昭和58年)
佐々木 清史 事務局幹事 経済学部 (昭和60年)
浅野 健一 事務局幹事 経済学部 (昭和62年)
堀川 牧夫 事務局幹事 法学部 (平成元年)
佐々木 有一 事務局幹事 法学部 (平成2年)
稲毛 健一郎 事務局幹事 経済学部 (平成3年)
福田 雄一 事務局幹事 経済学部 (平成5年)
池田 尚弘 事務局幹事 高校 (平成6年)
村上 隆 事務局幹事 工学部 (平成13年)
千葉 和弘 事務局幹事 文学部 (平成19年)
関井 うらら 事務局幹事 教養学部 (平成20年)
菊地 好恵 事務局幹事 工学部 (平成23年)
支部規程
準備中です。

ページのトップに戻る▲